【TOEIC965点取得】スタディサプリTOEICの使い方・勉強法・メリット【徹底レビュー】

TOEIC
<strong>ぎば</strong>
ぎば

この記事はこんな人におすすめです

✔短期間でTOEICのスコアアップをしたい

✔スタディアプリTOEICの勉強法とメリット・デメリットがしりたい

✔スタディアプリTOEICの使い方がしりたい

こんにちはぎばです!この記事で大学受験で宅浪から東京大学に合格し(E判定から宅浪で東大に合格するまでの軌跡)、そのまま東大院を卒業した、勉強の酸いも甘いも知り尽くした勉強のプロである私がスタディサプリTOEICの勉強法とメリット・デメリットを徹底解説します!

スタディサプリを中心にTOEIC対策を行い、一ヶ月半の対策で965点を取得することができました

スタディサプリを中心に行ったTOEICの対策方法は次の記事にまとまっているので参考にしてみてください。

スタディサプリの利用者は自宅のパソコンやスマートフォン、タブレットなどで学習することができます。

スタディサプリはTOEIC対策以外にも大学受験用やビジネス・日常会話用などがあります。

この記事ではスタディサプリENGLISHのTOEIC対策コースの内容を紹介しています。

この記事の結論

結論

✔スタサプは短期間でのTOEICスコアアップに向いている

✔TOEICを知り尽くした関先生の動画による講義がこのアプリのメリットの80%を占める

✔おすすめは無料期間の一週間でパーフェクト講義の例題と関先生の動画解説に取り組む(一日一時間で達成可能)

✔関先生の講義が有益と感じたらもう一か月、実践問題集の動画解説つきの問題を中心に取り組む(月額3,278円)

✔二か月目以降ははまだもの足りないと思ったら継続(個人的に四か月以上のTOEIC対策は不要)

スタディサプリTOEICの概要とメリット

スタディサプリENGLISHは株式会社リクルートが運営する学習アプリです。

大手のリクルートが力を入れて開発していることだけあって完成度の高い学習アプリになっています。

この章ではまず実際に使用してみて感じたスタディサプリ(以下スタサプ)の概要と大きなメリット5つを解説します

メリット①関先生の講義からTOEICの攻略法を学べる(最大のメリット)!

【スタディサプリENGLISH】関正生先生のTOEIC講義 分詞の概念編
引用元:スタディサプリ ENGLISH 公式 YouTubeアカウント

スタサプでのパーフェクト講義ではTOEICの各パートを例題と演習を通じて、傾向と対策を学ぶことができます。

このパーフェクト講義を担当しているのが関正生(せきまさお)先生です。超有名予備校講師としてもご活躍しており、当然ご自身もTOEIC満点を取得されています。

TOEIC満点を93回取得されている森田哲也先生(通称:もりてつ)に「凄すぎる」と言わしめるような伝説の講師です。

このスタサプはTOEICを知り尽くし、生徒への教え方を予備校で極めた関先生からTOEICの攻略法エッセンスを学べることが最大のメリットになっています。

TOEICはクセのある試験なのでその出題傾向や設問に狙われやすいところを学んで試験に臨むと点数が伸びやすいです。英語を読むスピードは一朝一夕では上がらないですが、問題を解くスピードはポイントを知れば短期間で上げられます

無料期間の一週間あれば各パートの点数アップにつながるエッセンスだけなら学ぶことが可能なので、TOEIC受験者であれば無料なのに取り組まない理由がないとまで思いました。

メリット②豊富な問題量がある

スタサプには実戦問題集としてTOEICの模試が20回分収録されています。公式問題集 が模試2回分で3,300円なので、ひと月に2回分解けば元が取れると思うと料金もそこまで高く感じないですね。しかも関先生の解説動画が難しい問題や重要な問題にはついており、公式問題集より解説が丁寧です。

公式問題集ではあくまで答えの解説はしてくれますが、「ここよくTOEICにでますよ!」ってのは教えてくれないです。

スタサプであれば、関先生がTOEICに頻出のパターンや、この単語を見たら反応できるようにしなければならないというのを教えてくれます

ただスタサプの実戦問題集では、120分の試験時間を通して一気に解くということができないので、実際の試験の時間配分の感覚を養うには公式問題集などのその他の問題集が必要になります。

メリット③隙間時間に勉強することができる

パーフェクト講義も実戦問題集も1レッスン5分程度で終わるようになっているのでちょっとした空き時間に携帯一つでTOEICの対策をすることができます。

電車の移動中はもちろん、待ち合わせで人を待っているときもできますし、忙しい日でも寝る前にせめて1レッスンだけという気になります。

鉛筆やノートを用意する必要もなく、すぐに始めることができるので特に平日は仕事で忙しいという方でも学習時間をコツコツと積み上げることができます


メリット④勉強を始めるハードルが下がる

携帯でアプリを立ち上げればすぐに学習をすることができるので勉強をはじめるハードルがかなり下がります

休日朝起きてやる気が出ない…なんてときもベッドの中でとりあえずPart 5の文法問題解いて、関先生の解説を聞いてなんてことができます笑

同じ内容を勉強するにしても机の上で鉛筆をもって、問題集とノートを開いてやるのと比較すると、アプリで勉強するのはゲームに近い感覚です。

この感覚とボタン一つですぐに解説が確認できる効率の良さはアプリのメリットだと思います。

やる気がでないことでもやっているうちにやる気や集中力が出てくるのを心理学的現象で「作業興奮」と呼びます。

みなさんも勉強でも掃除でも最初はやる気がなかったのに始めだしたらやる気が出るようになって作業がどんどん進んだという経験はないですが?

アプリによる学習で勉強を始めるハードルを下げておくと、「作業興奮」の効果によって当初はやる気がなかった日も気づいたら3時間以上勉強してたなんて日がでてきます。


メリット⑤超効率的なシャドーイング練習ができる

そして最後は私が感動を覚えた機能ですが、シャドーイングの練習が非常に効率的にできるようになっています。

実際の画面を見ながら解説します。下の画面がシャドーイングの画面で自分の声を録音することができるようになっています。

この画面では英文が表示されていますが、英文を非表示にすることができます。

そして一通りシャドーイングを終えたら下の画面のように英文と自分の解答とお手本を聞くことができます。

このとき、自分の解答を実際に聞くことができるのでどこからついていけてないのかが明らかです!

私も他の教材でシャドーイングをすることがありますが、自分がどこからシャドーイングでついていけなくなっているのかはわかりにくいです。

スタサプなら録音機能で自分のリスニングの問題点を明らかにすることができ、シャドーイングの練習がしやすいです。

しかもお手本が文単位でついているので元の音声を聞くために少し戻したり、少し進めたりという煩わしい作業がないのもGood pointですね。

この機能はぜひ他のサービスでも流行ってもらいたいです。

スタサプTOEICの機能とその他メリット・デメリット

引用元:スタディサプリ TOEICテスト対策 公式サイト

ここからは実際の画面を見ながら、スタサプの使い方の詳細とその他のメリット・デメリットを紹介していきます。

スタサプのホーム画面は下の画面のようになっており、すでに説明したパーフェクト講義実戦問題集の他にTEPPAN英単語パーフェクト講義-英文法編基礎講座1分クイズがあります。(実戦問題集と実戦問題集NEXTの違いはテキスト販売がされているかどうかの違いです。)

それぞれの使い方と特徴を解説していきます!

パーフェクト講義

パーフェクト講義では下の画面のようにパート別の概要と学習法、それにレッスン単位でパターン別の学習ができます。すべてのパターンで関先生の解説動画で学習することができます

パターンはすべてで53パターン用意されており、個人的にスタサプで最も価値のある機能です。

レッスンは以下のような構成になっています。

レッスン構成

1.例題/演習

2.解説動画(演習ではない場合もある)

3.単語/イディオムチェック

4.本文チェック

(リーディング問題の場合)
5.スピード音読

(リスニング問題の場合)
5.ディクテーション
6.シャドーウィング

例題/演習
例題/演習は長くても制限時間が5分以内になるように問題数が調整されています。

リスニングの速さは0.8倍、1倍(TOEIC本番レベル)、1.2倍の三つから選択することができ、自分のレベルに応じて調整することが可能です。

メリット⑥

リスニングの速さを自分のレベルに応じて変更できる



解説動画
解説動画は4分~8分くらいで関先生の本質に迫った英語の解説にとどまらず、問題のポイント、TOEICでの頻出パターンも解説してくれます。この解説動画で英語力を伸ばしながら、TOEICの傾向を知り、効率よく問題が解けるようになっていきます

例えば、関先生は「Annual(毎年の)」という単語が出てきたら毎年開催されるものとして把握しておかなければならないと解説しています。普段だったらあまり気にしないかもしれませんが、TOEICでは頻出パターンであり、公式問題集でこの問題パターンを見かけたときはAnnualという単語にアンテナを張っておいたおかげで問題を即答することができました

これ以外にもアンテナを張っておけば即答できる単語や表現がいくつも紹介されており、それらをこの講座を通じて学ぶことがスタサプの最大のメリットです。

また講座の速度は1倍か1.5倍を選択することができ、1.5倍でも全然聞き取ることができるので時間短縮で効率よく学習を進めることができ、かなり便利な機能です!

メリット⑦

講義の速さを1.5倍にして時間を節約できる


単語/イディオムチェック
単語/イディオムチェックでは問題に出てきた単語/イディオムの意味を四択で選択できる機能です。しっかりと確認したい場合はやってもいいと思いますが、例題/演習の解答で単語/イディオムの意味は確認できるのでやらなくてもいいと思います。

本文チェック
本文チェックでは音声を聞きながら、英文と日本語訳を同時にみることができます。表示されている英文の意味を理解し、制限時間を意識しながら読むトレーニングをすることができます。
次の音読/シャドーイングをやるならやる必要のない機能だと思います。

スピード音読
リーディング問題ではスピード音読機能があり、自分の声を録音しながら英文を読む練習をすることができます。一通り終わるとお手本と比較することができます。音読で英文を読み返さず読めるようになる練習になり、お手本を聞くことでリーディング力だけでなくリスニング力も鍛えることができます。

意味を理解しながら音読する練習をすることで返り読みをしなくなり、速読力を鍛えることができるので速読力をつけたい人は使用するとよい機能です。

メリット⑧

リーディング問題にも音源があり、音読の練習ができる


ディクテーション
リスニング問題ではディクテーションの機能がついています。下の画面のように流れた音声をキーボードをタップすることでディクテーションの練習ができます。

スマホやタブレットだとタイピングがしにくいのですがパート1やパート2の英文が短い問題では効果的な練習です。スタサプはパソコンでも勉強することができるのでパソコンからログインすることでキーボードを使用することもできるようになります。

メリット⑨

リスニング問題にはディクテーション機能もついている


シャドーイング
そしてすでに紹介しましたが、リスニング問題には下の画面のように自分の声を録音できるシャドーイング機能がついています。Part 3やPart 4の英文が長い問題はこちらの機能を使って勉強した方が効率が良いでしょう。

録音された声を聞いて、自分がどこが聞き取れていないのかはっきりさせましょう。ついていけなかった部分をシャドーイングできるようになるまで繰り返し練習することでリスニング力はアップしていきます。

ちなみにパーフェクト講義は4,708円でテキストを購入することも可能です(リーディングパートのみ、リスニングパートのみの場合は2,420円)。

スタサプは解約してしまうとアプリは使えなくなってしまいますが、テキストを購入しておけばそのテキストはずっと使用することができます。

実戦問題集/実戦問題集NEXT

実戦問題集、実戦問題集NEXTはそれぞれTOEIC 10回分に相当する問題が収録されており、合計で20回相当分の問題を解くことができます。実戦問題集はひとつ1,320円でテキストを購入もすることも可能です。実戦問題集NEXTでは難易度は変わらないですがテキスト販売はされていないです。

どちらも重要な問題や難易度の高い問題には関先生の解説動画がついています

パーフェクト講義で問題を解くポイントやコツを学んだらこちらの実践問題集で早速試すことができます。ただこちらも関先生の解説動画のある問題を中心に進めていくといいでしょう。

実戦問題集1回分はTOEICと同じ形式(リスニング100問、リーディング100問)になっていますが、問題自体は小分けにして解くことしかできません。時間配分の感覚を身に着けたい人は公式問題集などで本番の感覚は養う必要があります。

デメリット①

本番の時間感覚はスタサプで鍛えることはできない


またPart 7の長いパッセージは以下のような画面になります。

下の画面では文書と問題文どちらも見えています。画面中央の下矢印を押せば問題文は消え、文書だけを見ることができるようになります。上矢印を押すと再び問題文が見られるようになります。

文書は縦スクロールで見ることができ、問題文は横スクロールで見ることができます。慣れると気にならないのですが、もしかしたら使いづらいと思う人はいるかもしれないので無料期間中に使用感をしっかり確認してください

デメリット②

長文リーディング問題はスマホの操作になれる必要がある

ただiPadを使用すれば画面も大きくなるので見えづらい問題は解消されます。iPadはそれ以外にも英語学習を効率的に進めることができるので興味のある方はiPadを使った英語学習の記事を参照してみてください。

TEPPAN英単語

TEPPEN英単語はTOEIC頻出の英単語が約1500語収録されています。

600点/ 730点/ 860点/990点と4段階のレベル別に単語がまとめられています。

下の画面のように10問1セットで英単語が出題され、4択から正解を選びます。

間違えた問題は復習する単語として登録できて後からまとめて復習することができます。

クイズ形式でしか学べないのが少し扱いづらいのと、単語の解説が少なすぎるのでTOEIC出る単特急 金のフレーズ(通称:金フレ)などメインの単語帳は別にもっておいてそれを補助する役割として使うのがいいでしょう。

パーフェクト講義-英文法編

パーフェクト講義-英文法編では関先生がTOEICで出題されやすい英文法の講義を行ってくれます

チェック問題→関先生による動画解説→演習問題の形で合計45レッスンと8つの確認テストが準備されています。

Part 5, Part 6に出題されるような文法問題を体系的に、そして単元ごとに講義しているので、文法に不安がある人は一見の価値ありです。

800点以上のハイスコアを取りたい人はさらに演習量をこなすのと難問への対策のためTOEIC文法問題 でる1000問(通称:でる1000)などを補助教材として使った方が良いでしょう。

メリット⑩

TOEICに特化した関先生の英文法の講義を体系的に学習することができる

基礎講座

基礎講座では中学レベルの英語を復習することができます。英語を思い出すために使用する目的には良いと思います。

本講座で中学レベルの英語を1から習得するのは効率が悪いのであくまで思い出すために使用するのがいいでしょう。

基本英文法
基礎英文法では、パーフェクト講義-英文法の内容が難しいという方向けにTOEIC満点保有者の山田治先生が中学レベルから英文法を解説してくれます

全部で24講座、確認テストが5つあり、一つの講座は5分程度の長さになっています。中学から文法を短期集中で一気に復習したという方向けのサービスになっています。

ポイントがかなりしぼられて解説されているので、英文法を一から学ぶのではなく、あくまで英文法を思い出すために利用してください。

基本英単語
こちらもTEPPAN英単語が難しすぎるという方向けに中学レベルから英単語を勉強することができます

1206語の基礎単語が収録されており、表示される英単語に4択で解答するクイズ形式になっております。クイズ形式でした勉強できなくて使い勝手が悪いのと、解説が少なすぎるのでこれで単語を覚えれのは効率が悪いです。あくまで補助教材として使用するのがいいでしょう。

1分クイズ

最後の機能は1分クイズです。1分クイズは毎月8個のフレーズ下の画面のようにがクイズ形式で紹介されます(答えわかりますか?)。

正解はC:goodで「go easy on ~で~を大目に見る」という意味になります。

コラムのような扱いなのでちょっとした休憩のときに見てみるといいかもしれないですね。

スタサプTOEICのおすすめの使い方・勉強法

ここでは実際に私がスタサプを使用してみて、スタサプのおすすめの使い方をご紹介したいと思います。

無料期間の一週間で関先生のエッセンスを抽出する

スタサプでは一週間の無料期間があります。パーフェクト講義の動画解説のついている例題/演習だけなら一週間ですべて見ることができます

問題をとくスピードや解説を見る速さでかかる時間は変わってきますが、一日1時間行い、週に7時間の勉強時間を確保できれば余裕をもってすべてのパーフェクト講義の動画解説をみることができます

なので、無料期間中にとりあえず動画解説つきの問題を一通りやって関先生の解説を聞いてみるといいでしょう。

このときに役に立ちそうなテクニックや英語の知識はノートか携帯にメモをとるようにしてください

このTOEICの戦略のメモを何度も見返し、頭に入れ、実践することでTOEICの傾向と対策を覚えられるようになります。

もし一週間試してみて、解説がどこかで聞いたことあるような話ばっかりだったり、自分には合わないと思ったらこの時点で解約してしまいましょう。

解約と退会はアプリの設定画面の下部から簡単に行うことができます。

一か月で動画解説つきの問題を中心に解く

もしもう少し続けようと思ったら実戦問題集と実戦問題集NEXTにある動画解説つきのレッスンを中心に解き進めるといいでしょう

私は基本的に動画解説つきのレッスンの問題を解くようにしていました。特にPart 7のトリプルパッセージやダブルパッセージを集中的にやりたかったので、それら問題を集中的に取り組みました。

問題量は模試20回分あるので一か月あっても解く問題がない!なんてことにはならないです

一か月使ってまだ続ける価値があると思ったら続けてみる

一か月使用すればもうスタサプの特徴は知れたと思うのであとは月額3,278円の価値があるか自分で考えてみてください。ただ個人的にはTOEIC対策期間は長くても3か月かと思っております。

TOEICは就職や転職をするさいに非常に役に立つ試験なので受けて損はないですが、英語力を根本から伸ばそうと思ったらTOEICの勉強はクセがあるので、最適な英語の勉強とは思わないからです。

普段から別の英語の勉強をつづけていて、TOEIC(就活・転職)のために短期間でTOEIC対策をする方が良いと個人的には思っています。

スタサプでは12か月と6か月のパックコースがあり、公式から12か月パックがおすすめとして表示されますが、月額で登録して長くても三か月以内にやめるのがいいと個人的には思います。

毎月定額で料金がかかるので使用期間が長いと料金もその分かかります

もちろん利用方法は人それぞれなので満点取るまで絶対にやめないという人や毎月TOEICを受けて自分の英語力の向上を実感したいという方などは長期プランもおすすめです!

デメリット③

毎月支払いするため使用期間に応じて料金もかかる

まとめ

この記事では スタディサプリ TOEIC対策コースの使い方・メリット/デメリット・登録方法まで解説しました。

メリットとデメリットは以下のようになっており、特に一番上が最大のメリットで上位5つのメリットは大きいメリットだと思っています!

メリット
  1. 関先生の講義からTOEICの攻略法を学べる
  2. 豊富な問題量がある
  3. 隙間時間に勉強することができる
  4. 勉強を始めるハードルが下がる
  5. 超効率的なシャドーイング練習ができる
  6. リスニングの速さを自分のレベルに応じて変更できる
  7. 講義の速さを1.5倍にして時間を節約できる
  8. リーディング問題にも音源があり、音読の練習ができる
  9. リスニング問題にはディクテーション機能もついている
  10. TOEICに特化した関先生の英文法の講義を体系的に学習することができる
デメリット
  1. 本番の時間感覚はスタサプで鍛えることはできない
  2. 長文リーディング問題はスマホの操作になれる必要がある
  3. 毎月支払いするため使用期間に応じて料金もかかる

TOEICの点数が伸び悩んでいる人や、TOEICの対策を始めたい人、直前の一週間で新しい知識をインプットしておきたい人はぜひは スタディサプリを試してみてください!

下の記事では実際の画面を見せながらスタディサプリ TOEIC対策コースへの登録方法と始め方を解説しています。

公式サイト( https://eigosapuri.jp/toeic/)から簡単に登録することができますが、実際の画面を見たい人は参考にしてみてください。

ぜひ7日間の無料体験だけでも試してみてください😊

英語で人生がより豊かになるようにがんばっていきましょう✨

コメント

タイトルとURLをコピーしました